スポーツ

瀬古利彦は解説が下手でしくじり?オリンピック記録や年収?嫁や息子は?

投稿日:

スポンサードリンク

元マラソン選手で、現在は解説などを務める瀬古利彦さん。

今日は瀬古さんの記録や最近の活動、様々な噂などについてまとめてみましたよー。

瀬古利彦は解説が下手でしくじり?

オリンピック記録や年収?

嫁や息子は?

などなど、どうぞ最後まで楽しんでくださいね。

まずは瀬古さんのプロフィールからみていきましょう~。

どうぞ!ヾ(´▽`*;)ゝ”

出典:http://www.city.semboku.akita.jp/

 

プロフィール

本名:瀬古 利彦(せこ としひこ)

生年月日:1956年7月15日

出身地:三重県桑名市

身長/体重:170 cm / 62 kg

学歴:早稲田大学

職業:元陸上選手

種目:長距離走・マラソン

瀬古さんは中学生の頃は野球をしていました。(・∀・) 

ポジションは投手です。

県大会では早々に敗退してしまうくらいのチームではありましたが、瀬古さん自身は野球の強豪校からのスカウトもありました。

しかし陸上部に頼まれて出場した2000メートルの大会で優勝、県大会でも当時の三重県記録で優勝し、陸上の道を志すことになります。

元々才能があったんですねえ。(´ω`*)ネー 

高校の時は中距離の選手として活躍!

高1で山形インターハイ800m3位、高2の時の三重インターハイでは800mと1500mで優勝、続く国体1500m、5000mでも優勝を飾り、高3の時にも800mと1500mで優勝し、連覇しています。

ちなみに5000mは2位で惜しくも3冠は逃しました。

 

瀬古利彦のオリンピック記録がヤバイ!

高校卒業後は箱根駅伝最多優勝で最多出場を誇る中央大学への入学が決まりかけていましたが、早稲田大学OBからの勧誘で、早稲田大学進学に方向転換します。

当時はスポーツ推薦などがなかった為に一般入試を受け失敗し、なんと浪人生活に突入、一浪の末に早稲田大学に進学しています。ヽ(゚ロ゚;)キェーッ! 

合格できなかったら瀬古さんのその後の大学での活躍はなかったかもしれませんね!

早稲田大学競走部へ入部し、中村清監督に出会ったことで中距離選手からマラソンに転向することになります。

大学1年の時に京都マラソンに初挑戦で10位、福岡国際マラソンでは日本人最高の5位入賞、3年生の時には優勝を果たし、大学4年の時に挑戦したボストンマラソンで2位、さらに福岡国際マラソンを連覇!

その結果、モスクワオリンピック代表に選出されます。

しかし不幸だったのはソ連のアフガニスタン侵攻による西側諸国のボイコットで、日本選手団はこの大会に出場しませんでした。

この時に瀬古さんが出場していたら間違いなく金メダルと言われていましたが、出場することはできませんでした。(´ω`。)グスン

もったいないですよね~!

モスクワオリンピック出場はなりませんでしたが、1981年2月の青梅マラソンではモスクワ五輪銀メダリストのゲラルド・ネイブール選手に勝っています。

さらに、ボストンマラソンで優勝、1983年2月には東京国際マラソンにおいて日本最高記録で優勝を果たし、相変わらずの強さを見せつけました。

’

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

年末の福岡国際マラソンでも優勝し、2回目のオリンピック代表選手に選出されます。(人´∀`)

しかし、この頃の瀬古さんは慢性的な倦怠感に悩まされていました。

疲れが抜けないうちにトレーニングをするという悪循環で、コンディションは最悪でした。

いわゆるオーバーワークですね。。

さらにこの時の瀬古さんの日本国民の期待感は凄まじいものがあり、ストレスから血尿を出し、下痢、脱水症状にも陥っていました。(゜ロ゜)ギョェ 

さらに恩師の中村監督にガンの告白を受け、休むと言えなくなってしまったとか。

この結果、瀬古さんはロサンゼルスオリンピックでは14位に沈みました。

世界最強と言われていた瀬古さんでも調整を失敗してしまうとなかなか記録がでないのですねえ・・・(´∩`。)グスン 

2度のオリンピックに見放された瀬古さん、挫けることなく1986年のロンドンマラソンで優勝、さらにシカゴマラソンでも優勝、1987年4月にボストンマラソンに3度目の挑戦をしてまた優勝しました!o(^-^)o 

出典:http://www.suruga-ya.jp/

凄いですねえ

この大会は強豪揃いで、ロス五輪男子マラソン銀メダリストジョン・トレーシー選手や、前年優勝した大会記録保持者ロバート・ド・キャステラ選手なども出場していた大会だったんですよ。

代表選考会となっていた1987年の福岡国際マラソンは負傷欠場1988年のびわ湖毎日マラソンに優勝してソウルオリンピック代の座を射止めました。

しかしこの頃の瀬古さんは選手としては下り坂で、オリンピックは9位に終わりました。(゜-Å) ホロリ 

国内や国際マラソンでは、オリンピックのメダリストをことごとく倒して優勝し、世界最強のランナーと言われていた瀬古さんですが、1回目のモスクワオリンピックは日本が出場しない幻の大会となり、ロサンゼルスオリンピックでは調整の失敗で14位、そして最後のソウルオリンピックは9位と、メダルどころか入賞することすらできませんでした。

スポンサードリンク

オリンピックにのみ見放された選手という感じがします。( ´Д⊂ヽエーーン

日本陸連理事の高橋進さんは、陸上競技マガジンの中で

「彼にとって悲運だったのは、絶好調だったモスクワオリンピックをボイコットで出場できなかったことだ。調整ミスだった次のロサンゼルスオリンピックまではともかく、もうピークを過ぎていたソウルオリンピックまで(出場させたのは)酷だった」

と話しています。

瀬古さんは、引退後ヱスビー食品陸上部監督や、早稲田大学競走部のコーチを務め、第69回箱根駅伝総合優勝や、全日本大学駅伝4連覇などを果たし、指導者として力を発揮しました。

2004年のアテネオリンピック代表になった国近友昭選手も瀬古さんの教え子です。

2005年3月からは日本陸連役員も務め、近年は駅伝やマラソン中継の解説者として起用されることも増えています。^^

 

元スポーツ選手の話題はコチラも★

潮田玲子が嫌われキャラに!?性格や話し方とポエムが痛い!旦那や子供は?

今井メロが整形で別人に!旦那との離婚原因や子供の現在は?性格も!

瀬古利彦は解説が下手でしくじり?

その瀬古さんの迷解説ぶりが取り沙汰されることも!

2010年1月2日、第86回箱根駅伝の解説を務めた瀬古さん、トップの明治大学から4分26秒差でスタートした5区の柏原竜二選手が6人を抜いて、13km付近で首位に立った際に

1区から4区は要らない」

と発言しました。(`▽´)笑。 

確かに柏原選手の活躍は素晴らしいものがあり、5区の山登りで活躍した選手は「山の神」などと讃えられますが、それ以前の区は要らないというのは失言にあたりますね。

またその前年の箱根駅伝では母校早稲田大学を贔屓するような発言をしており「解説じゃなくて、応援だ!」と批判を受けたことがあります。

多少母校贔屓になってしまうのは仕方ありませんが、少々瀬古さんのはやりすぎ感がありました。(`▽´) 

また2007年12月から東京都の教育委員に任命された瀬古さんですが、都の教育長に対して教育委員はキャバクラに行っちゃ駄目なの?」と言ってみたり、卒入学式での君が代斉唱を是認する発言などをしており、少々その適格性を問われたことも・・・Σ(*゚Д`;)

マラソンの解説でゴール後倒れ込む川内選手に対して冷たい感じのコメントをしていることもありました。

一途にマラソン一本でやってきた瀬古さんですが、思うままに、感情のままに発言してしまう所は問題がありますね。(・∇・)

人間らしいと言えば人間らしいんですけどね。笑

 

嫁や息子は?

そんな瀬古さん、私生活ではロサンゼルスオリンピック後にお見合い結婚しています

当時瀬古さんの監督だった中村清監督の反対を押し切っての結婚でした。

美恵さんという方で、お見合い後の初デートで早速フライデーに撮られました。^^

無事に結婚し、子供は息子が4人います。

名前はさん、亜士武さん、天哩さん、聖醐さんの4人です。

長男の昴さんは「すばる」とすぐに読めますが、次男以降はちょっと読み方が難しいですね。

亜士武(あとむ)さん、天哩(てんり)さん、聖醐(しょうご)さんといいます。

字が難しい上に、若干キラキラネームの匂いがしますね~。(´ェ`*)ネー

瀬古さんの息子さんで陸上をしているのは三男の天哩(てんり)さんのみです。

東海大浦安高時代に800mでインターハイに出場するなど活躍し、東海大進学しますが、その後伸び悩み2年の冬にマネージャーに転向し、駅伝主務を務めたということです。

四男の聖醐さんは一度陸上をしたことがあるようですがその後アメフトに転向したとか・・・

瀬古さんの息子さんですから才能はありそうですが、やはり厳しい世界なのですねえ。(・∀・)

 

家族のことが気になっちゃう★

ELT伊藤一朗はいつからお笑いへ?結婚した嫁や持田との関係!性格も!

富川悠太はイケメンで人気!嫁とのなれそめや子供の名前?報ステの評判も!

収入は?

瀬古さんは、2013年4月1日よりDeNAランニングクラブ総監督に就任していますが、DeNAの平均年収は770万ほどと言われています。

出典:http://www.asahi.com/

瀬古さんはまたそこに解説業や講演活動などが加わるので年収は1000万円は超えるのではないでしょうか。

ちなみにプロ野球の解説のギャラは1試合5万から10万程度と言われています。

また瀬古さんはバラエティ番組にもしばしば出演するのでそちらでの収入もありますね!^ω^

バラエティ番組に出演した際、最近の若いタレントたちには瀬古さんはよくわからないおじさんとして映ることが多いようです。

「誰この人?」なんて言われていたことも。笑

瀬古さんの凄さを知った上で、接しているのはある程度年齢がいったタレントになってきます。

んな中で瀬古さんはよく頑張っていますね!

自虐的に笑いを取りにいったりと、マラソンをしていた頃と変わらず一生懸命な瀬古さんです。( ´∀`)ケラケラ

いかがでしたか。

今日は瀬古利彦さんについてまとめさせて頂きました。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。(*・∀-)☆

 


 

最後までお読みいただき、ありがとうございます★

この記事を気に入っていただけましたら、フェイスブックやTwitterなどでフォローしていただけますと今後の励みになります。

スポンサードリンク

-スポーツ
-,

執筆者:

 

関連記事

 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です