男性タレント

羽田圭介が年収を暴露!現在の自宅や彼女は?筋肉イケメンの秘密

投稿日:2017年5月24日 更新日:

スポンサードリンク

2015年芥川賞受賞をきっかけにTV番組に引っ張りだこの羽田圭介さん。

その独特な性格でバラエティ番組や遂にはTVドラマにも出演!

やっぱり作家は印税とか凄いの?その年収を暴露!

筋肉イケメン作家の自宅や生活は?彼女はどんな人?

事実は小説よりも奇なり、いや作家は小説よりも奇なり!

超個性的な彼を徹底調査しました!

出典:http://genou.osusumen.jp/

 

プロフィール

名前:羽田 圭介(はだ けいすけ)

生年月日:1985年10月19日

出身地:東京都

職業:小説家

教育:学士(商学)

最終学歴:明治大学商学部

ジャンル:小説

明治大学付属明治高等学校在学中(2003年)に「黒冷水」で第40回文藝賞を受賞!

若干17歳での受賞は、堀田あけみ「1980アイコ十六歳」、綿矢りさ「インストール」と並んで当時3人目で当時最年少でした。

その後、三並夏「平成マシンガンズ」が15歳で受賞して記録は更新されるも、10代で受賞とは凄いですよね。

2006年受賞第一作には「不思議の国のペニス」を文藝に発表。

これは突っ込まずにはいられないタイトルですね(笑)

大学卒業後は一般企業に就職、しかし1年半で退職して専業作家となります。

2010年 「ミート・ザ・ビート」で第142回芥川賞候補。

2012年 「ワタクシハ」で第33回野間文芸新人賞候補。

2013年 「盗まれた顔」で第16回大藪春彦賞候補。

2014年 「メタモルフォシス」で第151回芥川賞候補、第36回野間文芸新人賞候補。

と、コンスタントに書き続け賞候補になっています。

そして遂に2015年「スクラップ・アンド・ビルド」で第153回芥川賞候補に!

同年7月16日、同作で芥川賞を受賞!!

同時に受賞したお笑い芸人の又吉直樹さんの『火花』がかなり大きな話題となり、羽田圭介さんは「花火の作家じゃない方」とよく言われたそうです。笑

 

芥川賞の賞金よりもTV出演のギャラが凄い!?その年収をTVで暴露!

さて芥川賞の賞金ですが正賞が「懐中時計」副賞が「100万円」と言われています。

時間をかけて書いて直してまた書いて…の作業量の割には安い賞金ですよねぇ。

懐中時計はオリジナル品でしょうから、その制作料分を賞金にしてあげた方が嬉しい気がするのは私だけでしょうか?σ(^_^;)

しかし芥川賞受賞作品ということで印税がガッポリ入れば苦労も報われますよね。

羽田圭介さんもバラエティ番組「ダウンダウンDX」で年収を暴露していました。

その金額「スクラップ・アンド・ビルド」では2015年12月で印税が2,200万円!!

そして羽田圭介さんの年収はこれだけではありません!

受賞後のTV出演で「その性格・リアクションが面白い」と評判になり露出が激増。( ̄ー ̄)ニヤリッ

ガチガチに緊張することも無く飄々と自分の事を語る姿は作家という固いイメージ(寡黙で人見知り・気難しい)とは180度違いましたね。

ちょっと、いやかなり変わり者ではありますが。笑

そのキャラクターがウケて2015年のTV出演本数がナント76本!

このテレビのギャラですが相当いいようです。

「本を書くと1冊の原稿料は80万 でもテレビだと3.4本出ればそのくらい稼げる」

こっちの方が効率が良いですよね(笑)

さらに本のオリジナルTシャツを作成し着て出演しストレートに「本を買ってください!」と宣伝していました。笑

そりゃ本は買ってもらわなきゃ意味がありませんからね。

売れるうちに稼ぐが芸能界の常識ですが、羽田圭介さんも時代の流れに乗ってテレビ出演だけで1520万円稼いだそうです!

一大ブームが過ぎても2017年もそれなりにTV出演はされているようなので、

合計で4,000~4,500万円くらいは稼いでいるのではないでしょうか。

スゲ~ヾ(≧∇≦*)/

 

年収が気になる!!

枡田絵里奈アナの現在!仕事復帰した理由は旦那の低年収が原因?

長野智子アナの夫はセレブで年収は?昔から綺麗な鼻は整形か?子供は?

芥川賞受賞してもモテない?現在の自宅は?彼女はいるの?

さて、芥川賞作家でTV出演も多数あるときたらモテまくっている…かと思いきや
ご本人曰く「芥川賞とってもモテない」らしいです。

バラエティ番組「日曜ファミリア・仲居正広の神センス・塩センス 私はこういてやっちゃいました」でも、「結婚したくない僕が信じられないくらいモテるにはどうしたらいいのか」と質問していました。

実際に女子アナに電話番号を聞くも玉砕したりと芥川賞受賞の効果が異性に関しては全く無いようです。

いや…これは正直仕方ないかと。(・∇・)

羽田圭介さんですが、非常に個性的な性格(超合理主義)をしています。

スポンサードリンク

良く言えば「裏表なしのストレートな表現や行動」

悪く言えば「相手の気持ちを慮ることができない」

バラエティーやインタビューでの発言にその性格がよく出ています。

『結婚した女友達に会っても意味がない』
『昔話をしても仕方ないから、旧友とは会わない』
『女性作家の感受性を取り入れようとしても無理だから女性作家の作品は読まない』
『スポーツはやらないので、スポーツ観戦には意味がない』
『自分の作品が掲載されている文学誌の宣伝は、売れても自分に印税が入ってこないからしない』

本当に清々しいくらいにハッキリとした性格をしています。笑

確かに筋は通っているんですよね、間違ってはいないです。ハイ。

でも人には感情ってもんがあるじゃないですか。

特に恋愛沙汰なんて感情の最たるものじゃないですか。(*´・д・)

+-(プラスマイナス)でスッキリ答えが分かる・出るもんじゃないですよね。

作家なのにその想像力がリアルな恋愛に関しては完全に機能停止してるとしか思えません(笑)

でもこういう性格の方は同じ様な考えの女性なら凄く理想的な結婚生活ができるかもしれませんね。(o ̄∀ ̄)ノ”

出典:http://pinky-media.jp/

芥川賞受賞後も生活は特に変わらずみたいです。

家賃7万8,000円の賃貸マンションに住み、筋肉と体脂肪を考えた食生活(鶏肉を4kg買って鳥ハムを1日3食食べる)や自転車での体力作りも変わらず続けているみたいですね。

それにしても、あるバラエティ番組で「芥川賞作家の生活」を紹介された時に、買ってきた鶏肉をキッチンの流しにドーン!と投げ込み、「どうせ自分しか食べないんで」と何も気にしない豪快さ、いや合理的な性格(?)…「ひええええ汚くないの?」と衝撃的でした。(o ̄∀ ̄)ノ”

ちなみに羽田圭介さんのタイプの女性は「背の高い人だったら誰でもいい」らしいです。

でも「アウト×デラックス」では身長161cmの小間千代さんはどうか聞かれ「ちょうどいいんじゃないですかね」と答えました。

別に161cmは背が高いわけではないですよね?

どうみても彼女のGカップのバストを重視したとしか思えませんでした。

お胸が大きい=女性らしい・エロい 

あ、そう考えれば超合理的な選択なのかも(笑)

 

最近カッコよくなった?筋肉イケメン作家の秘密!

日々、鶏肉でのタンパク質摂取と自転車トレーニングで鍛えまくっている羽田圭介さん。

身長も180.5cmと高めのスタイルです。

そして最近、顔つきも引き締まった?感じがしてイケメンになったと言われています。

出典:http://top.tsite.jp/

筋トレをしたきっかけは「筋トレをすることによって筆が進む」だそうです。

確かに運動は脳に良い刺激が受けられると医学的にも証明されています。

有酸素運動によって心肺機能も向上し脳が活性化(ドーパミンが分泌され、前頭前野、海馬、運動前野、運動野に良い影響を与える)し思考力も高まり記憶力もUP!

元々、高校時代は放課後に毎日40km自転車で走るトレーニングをしていた彼ですから、運動→執筆は効率が良いのでしょうね。

小説を書き続ける秘訣は運動と食生活!

作家というよりアスリートみたいですね。

そしてその引き締まったルックスで2017年にはNHK新春スペシャルドラマ「富士ファミリー2017」で俳優デビューも飾り、今後はドラマ出演も増えるかも?!

さらに聖飢魔Ⅱのデーモン閣下のソロアルバムで作詞家デビューもしました。

きっかけは芥川賞受賞の知らせをデーモンメイクカラオケを歌って待っていたことが親交のきっかけです。笑

羽田圭介さんの歌詞に点数を付けると何点?という質問に閣下は「666点(700点満点で)」悪魔の数字ですね(笑)

作詞でも悪魔に認めらたその才能、さすがというか恐るべしですね。

いかがでしょうか、今日は羽田圭介さんについてまとめさせて頂きました。

TV番組出演後に書かれた『成功者K』これは芥川賞受賞をきっかけに環境がガラっと変わったKについて書かれています。

「6割5分が本当の話」と語るこの小説、かなり気になりますね!( ̄ー ̄)ニヤリッ

全ての経験を糧にする作家の性(さが)が詰まった作品が本人主演でドラマ化したらかなり面白そうです!

これはまだまだ彼から目が離せませんネ!

最後までお付き合い頂いてありがとうございました(*´ω`)ノ またネ♪

 

筋肉イケメン?コチラも注目!

素晴らしき筋肉で夏を謳歌しよう!

 


 

最後までお読みいただき、ありがとうございます★

この記事を気に入っていただけましたら、フェイスブックやTwitterなどでフォローしていただけますと今後の励みになります。

スポンサードリンク

-男性タレント
-,

執筆者:

 

関連記事

 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です