女性タレント

小林恵美の現在!熱愛遍歴や彼氏との結婚は?枕営業で干されたってマジ?

2016/11/28

スポンサードリンク

グラビアアイドルとして活躍して、一時はバラエティ番組などにも露出が多かった小林恵美さん。

でも現在はメディアへの露出が激減していますね・・。

小林恵美さんが表舞台から消えてしまった原因はなんだったんでしょうか!?

そこで今回は

小林恵美の現在!

熱愛遍歴や彼氏との結婚は?

枕営業で干されたってマジ?

について調べてみました!

 

プロフィール

名前:小林恵美(こばやし えみ)

生年月日:1983年1月1日(33歳)

出身地:東京都

身長:164cm

体重:48kg

スリーサイズ:88-56-83

最終学歴:青山学院大学経営学部

所属事務所:サンズエンタテインメント

中学受験で国学院久我山中学に入学し、高校受験で青山学院高校に入学します。

その後はエスカレーター式で青山学院大学経営学部に入学します。

その学生時代にアイドル関係で有名なイエローキャブに所属したんです☆

そしてこの頃にイエローキャブは内部分裂してしまうのですが、小林さんは分裂して独立した方のサンズエンタテインメントに移籍します。

移籍した頃から仕事が多く入り、忙しすぎて大学を1年留年してしまう程だったそうですよ~(ー∀ー;)ズガーン

 

小林恵美の現在!

しかし最近ではめっきりと出番が減り、1ヶ月のうちのほとんどがお休みの状態。

月収3万円が普通な極貧生活を送っているといいます。汗

時給600円で働いていることも話題になりましたね~。

具体的にはニコニコ動画に出演した時のギャラが「600円」と告白したんです(>_<)

これって・・コンビニでのバイトよりも安いですよね。苦笑

その他には洋服などをネットオークションで売って生計を立てているとぶっちゃけました!

過去には小林さんがネットオークションに私物を出品し落札される様子までを放送した番組が放送されたのですが、売れるときは5万とか10万とか普通にいくんだとか…

しかし「ネットオークションでも生活できなくなったら芸能界を辞めようと思っている」と語っていて、厳しい現実が感じられますね。

そこまでして小林さんが芸能界にこだわる理由は、下積みがなくやはり若いときに早く売れたことがあるからではないでしょうか!?

人気がある時は生活も楽ですし、欲しいものはすぐ手に入って、お金がある環境になれちゃってますからね。笑

スポンサードリンク

小林さんの最終学歴は難関校である青山学院大学経営学部ですので普通に就職をしていれば今よりもいい生活を送れていたのかもと考えてしまいますね。

ただこういった売れない時期を経験して復活したタレントは数多くいますので、何かのきっかけをつかみたいところですね☆

 

熱愛遍歴や彼氏との結婚は?

彼氏の情報は残念ながら調べても出てきませんでした。

現在33歳ということで、結婚に向けて婚活しているんだとか…

実は数年前まで志村けんさんのお気に入りだったという情報は出てきていましたね☆

事実、小林さんはバカ殿様によく出演されていましたし、二人の仲が噂された時期もあったんですが・・(*´ω`*)

ちなみに小林さんの理想の結婚相手については

「優しくて安定した収入がある方公務員とかがいいですね」

と語っています。

安定を求めるあたり、芸能界での厳しい現実を見た上での発言と取れますね。笑

芸能界に向いてない性格だったりして・・Σ(´Д`;)

一般の方のほうが相性がいいかもしれないですね!?

 

枕営業で干されたってマジ?

小林さんが枕営業しているという噂があるようです。

と言うのも仕事が減ってきている状態にも関わらずバラエティー番組の「ロンドンハーツ」に出演されたことから枕営業の噂が出たみたいですね~。

またセレブ生活の様子が放送された為に、枕営業の疑惑がさらに深まった感があります。

そして一時期に比べてこうも干されたといった状態になってしまった原因には、志村けんさんとの仲が終わってしまったことが大きいようです。

というのも志村けんさんの番組に小林さんの代わりとして元AKB48の野呂佳代さんやグラビアアイドルの尾崎ナナさんが出演するようになったんです。

当然小林さんは呼ばれなくなりますよね…。

小林さんも年も年ですし、世代交代的な意味もあるんだと思います。

 

また小林恵美が干された理由として性格に問題があったとも言われているんです!

最近では落ちぶれキャラとして売れない自分を売りに出していますが、いかんせんそれだけでは飽きられてしまうのも事実。

何かほかに特徴がなければ今後も出番は限られてきてしまうかもしれません。

なんとかきっかけをつかんでほしいと思いますね☆

 


 

最後までお読みいただき、ありがとうございます★

この記事を気に入っていただけましたら、フェイスブックやTwitterなどでフォローしていただけますと今後の励みになります。

スポンサードリンク

-女性タレント
-,